4人の少女、「おしっこ」発電機を発明―中国報道  

ナイジェリアの4人の少女が「おしっこ発電機」を発明した。1リットルの尿で、6時間分の電力を発電できる。英メディアが10日報じた。

今月5、6日にナイジェリアのラゴスで開かれた展覧会で、14~15歳の少女3人が自分らの「成果」を展示した。この発電機は、電解池に尿を入れると、尿素が窒素、水、水素に分解され、水素がろ過機を経て、高圧ガス瓶に充填される。その後、高圧ガス瓶が水素を液体ホウ砂のあるガス瓶に送り、水素の水分を取り出し、水素を発電機内に送る。発電システムはバルブを使って制御される。

専門家によると、より多くの保護設計を加え安全性を確保する必要がある。

 

尼日利亚四名少女发明“尿尿”发电机

 

尼日利亚的四名少女发明“尿尿发电机”。一公司的尿发的电可以用6小时。据英国媒体报道。

本月5、6日在尼日利亚的Lagos举办的展览会上,三名14-15岁的少女展示了自己的“成果”。在该发电机的电解池内装入尿液,尿素就会分解成氮、水和氢,氢经过滤波器、填充入高压气瓶。其后,高压气瓶将氢气送入装有液体硼砂的气体瓶内,析出氢气中的水分,将氢气送往发电机内。发电系统使用阀门进行调控。

据专家表示,该机器仍需要加上更多的保护设计以保证安全性。

更新日期: 2012-11-14
文章标签:
文章链接: (11月14日)尼日利亚四名少女发明“尿尿”发电机【新華社】  [复制链接]
站方声明: 除特别标注, 本站所有文章均为原创, 互联分享, 尊重版权, 转载请注明.